毎日12時間以上労働!長時間の働きすぎ職場から抜け出すには?

毎日12時間以上も働かされている…という長時間労働の職場に勤める方へ。長時間労働に消耗する毎日から抜け出す方法をご紹介

毎日12時間以上労働!長時間の働きすぎ職場から抜け出すには?

 

  • 毎日12時間以上働かされている!
     
  • 辞めたいが転職活動する時間がない!

 

そんな悩みを抱えるサラリーマンの方は多いかもしれません。

最近は人手不足の会社も多いですから、少ない人員で回している会社が多いですからね。

人を増やすよりは、少ない人員を長時間働かせたほうが安上がりと思う会社が増えています。

まあ実際その通りなのですが…。

 

しかし毎日12時間以上働かされていたら転職活動の時間がとれません。

一体どうしたらいいのでしょうか?

 

次を決めてから辞めるのが基本

やはり会社を辞めるとなると、次を見つけてから辞めるのが基本です。

次のアテがないのに会社を辞めてしまうと空白期間ができてしまいますし、無職になるとついダラけてしまって空白期間が延びがちです。

 

また、無職になってしまうと転職活動に不利になりがちです。

一般的に「次を決めてから辞めるべき」と思われています。

そんな中、次が決まっていないのに辞めてしまうと

  • 「計画性がない」
     
  • 「無責任な奴」

 

などと思われてしまう可能性があるのです。

当然ですが、そんな感じに思われてしまうと転職活動が有利になることはないでしょう。

 

大変かもしれませんが、次を見つけてから辞めるようにしましょう。

独身ならばいいですが、結婚して子供もいるのであれば、アテもなく辞めると離婚に発展してしまう可能性もあります。

 

だが…時間がないのも事実

とは言いましても、毎日12時間以上も働かされていたら、とてもではないですが転職活動の時間なんてとれません。

休日出勤させられている人も多いでしょうから。

 

時間がないと、受ける会社を良く吟味することもできなくなってしまいます。

つまりは、焦って変な会社に入社してしまう可能性もあるのです。

そうなると当然ですが、今よりも悪い会社に入社してしまう可能性も出てきます。

 

毎日12時間以上ならまだいいほうで、今度の会社は毎日14時間以上働かされる会社かもしれません。

最近はブラックな会社が増えていますので、どうなるかわかりませんね。

 

私も在職中に転職活動して次を決めたことがありますが、ブラック過ぎてすぐに辞めてしまいました…。

昔の会社の同僚でも、在職中に見つけて転職していった人がいましたが、焦ってブラックな会社に入社してしまい、「最初の話と条件が違う」というので出戻ってきた人もいました。

 

時間がないのに無理に転職活動するとそういうことになってしまうリスクがあるのです。

 

時間がない人は転職エージェント活用すべき!

時間がない人は、自分1人の力だけで転職活動するのは辞めたほうがいいと思います。

仕事で疲れているとどうしても頭の働きが鈍くなってしまいますし。

誰か適切なアドバイスをくれるひとがいたほうがいいです。

 

転職エージェントならば転職のプロですので、適切なアドバイスをもらうことができます。

また、ホワイト企業に入社したいのであれば、転職エージェントを使う事は絶対に必須です。

エージェントは求人を出している企業の情報を詳しく知っていますから、詳しく受ける会社のことを知ることができます。

 

ホワイトな会社ほど、条件に合った人材だけ面接に進ませるため、エージェントを使う傾向にあります。

「誰でも受けられる!」という風にしてしまうと、人事担当者が対応に追われて消耗してしまいますからね。

会社のブラック化というのは、そういったところから始まっていくのです。

 

ホワイト企業はそうするために求人を非公開にしています。

その会社にあった人材にだけ求人を開示するようにしているのです。

非公開求人も多く扱っているエージェントの方が、ホワイト企業に当たる可能性は高いかもしれません。

離職率が高く「誰でもいいから来て欲しい!」などと考えているブラック企業は、非公開にしても意味がありませんからね。

非公開にせずに杖みんなに求人を見てもらって人材を獲得したいと思うに決まっています。

 

こちらのエージェントであれば非公開求人も多いのでお勧めです。

 

⇒転職成功の秘訣は、サイトに公開されない求人にあった。

 

労働時間が長い会社を見抜くのは難しい

恐らくあなたが今の会社に入社したときは、こんなに働かされると思っていなかったのではないでしょうか?

毎日12時間以上も働かされる会社に入りたいなんて人間は、あまりいませんからね。

そんなに働かされているということは、休日出勤も頻繁にさせられているでしょう。

 

最近は人が集まらない会社が増えてきているため、求人票に聞こえのいいことばかり書いて、求人票の虚偽記載を行うブラックな会社が増えているのです。

本当のところを書いてしまったら、求職者は敬遠して応募して来なくなってしまうからです。

 

特に最近は人手不足の会社が多いですから、「一刻も早く応募者を集めなければならない!」と考えています。

私も人手不足のブラック企業の人事担当者だとしたら、多少盛ってでも嘘書いて、1人でも多くの求職者を集めかもしれません。

人手不足のブラック企業だと、あまりに人がいなくて下手すると本当に過労死しかねませんからね…。

 

もっとマシな労働環境の会社に移りたいのであれば、誰かの力を借りたほうがいいかもしれません。

かなり詳しい人でも求人票のウソを見破るのは難しいですので、プロの力を借りたほうがいいかもしれません。

 

⇒転職で、サイトに掲載されていない【非公開求人】を活用する方法とは?